日本一わかりやすい司法書士を目指します!

不動産登記・会社登記・相続・遺言・成年後見・債務整理のことなら神戸のあおば司法書士事務所へ!

あおば司法書士事務所

078-578-5970

相談無料!出張相談もOK!

相談無料!出張相談もOK!078-578-5970
メールでの無料相談受付中!
お問い合わせ、ご相談は078-578-5970まで。土日祝日対応可能!出張相談もOK!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 登記相談、相続手続き、債務整理等など、

 どんなささいなことでもお気軽にご相談く

 ださい!

 相談無料、出張相談、土日祝日も対応可能!

 

 〒650-0025

 兵庫県神戸市中央区相生町5-12-7

 生田ビル3F

 TEL:078-578-5970

 FAX:078-578-9159

 ※受付時間 9:00~20:00

 

 ※出張相談対応可能エリア

   神戸市・明石市・加古川市・姫路市

   相生市・たつの市・芦屋市・西宮市

   尼崎市・三田市・三木市・小野市

   宝塚市・伊丹市・加古郡・養父市

   豊岡市・淡路市・洲本市・南あわじ市

   その他兵庫県全域

   大阪府

   岡山県

   徳島県

   その他のエリアの方は要相談

 

土日祝日対応可能!
出張相談もOK! メール相談は24時間受付中

コンテンツ一覧

078-578-5970

 

 

 

秘密証書遺言とは、遺言の内容を秘密にしたまま、遺言が存在することのみを公証人に証明してもらう手続きです。公正証書遺言のように、公証人と2人の証人に、間違いなく自分の遺言であるを証明してもらいますが、内容については、公証人や証人は一切関与しません。作成は自身で行い、封筒に入れたまま公証役場に持参し、それが自身の遺言書である旨のみを証明してもらう手続きです。

遺言の存在自体は公証人が証明してくれますので、それが本物かどうかという点については、後日争いになることはありません。また、内容を他人に知られることもありません。しかし、記載内容について公証人が関与しないため、その内容次第では、遺言としての要件がかけてしまっていて無効となってしまう可能性もあります。

 

●秘密証書遺言作成の要件

秘密証書遺言作成についても、いくつかの要件がありますので、漏れがないように注意してください。

 

遺言者自身が署名捺印すること

自筆証書遺言と違い、内容は自筆でなくても構いません。パソコンやワープロで作成したものでも大丈夫です。ただし、署名は必ず自筆で行う必要があります。印鑑は、必ずしも実印でなくt目お構いませんが、なるべくなら実印での押印が好ましいでしょう。

 

遺言者が遺言書を封筒に入れて封印すること

必ず遺言書に押印した印鑑と同一の印鑑で封印してください。異なる印鑑で封印してしまうと、遺言書が無効となってしまいます。

 

遺言者が公証人と証人2人の前で封書を提示し、自己の遺言書である旨を確認すること

証人には、公正証書遺言作成の場合と同じ資格要件があります。

 

公証人及び証人が、封書を提出した日付等を記載して署名捺印すること

 

※仮に、秘密証書遺言としての要件に欠ける場合であっても、それが自筆証書遺言としての要件を満たしていれば、自筆証書遺言として有効になります。そのため、万が一に備えて、秘密証書遺言の場合であっても、全文自筆で作成する等、自筆証書遺言の要件もふまえて作成しておくことが好ましいといえます。

 

●遺言書の保管

公正証書遺言と異なり、秘密証書遺言の場合は、公証役場で保管まではやってくれません。作成した秘密証書遺言は、遺言者自身で保管しなければなりません

そのため、自筆証書遺言と同様、遺言書が発見されなかったり、破棄されてしまうという危険性はあります。また、自筆証書遺言と同じように遺言書を発見した人は、家庭裁判所に届け出て、検認手続が必要になります。

 

●秘密証書遺言の作成に必要な費用

公証人の手数料は一律で1万1000円です。公正証書遺言と異なり、内容について、そもそも公証人は確認しないため、相続財産の価格に応じて手数料が異なるということはありません。

※司法書士・行政書士等に文案作成等を依頼すれば、別途費用がかかります。

 

 

秘密証書遺言については、実際に採用されることはほとんどない手続きです。理由としては、他人に内容を相談しづらいため(相談するなら秘密にする意味があまりない)、自分1人で作成しなければならず、公証役場での手続きも必要な割には、公正証書ほどの確実性がないためです。

確実性や、のちの相続人の負担を考えれば、公正証書遺言を選択されたほうが良いと思います。

                         >遺言 トップへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP >> 遺言 >> 秘密証書遺言

秘密証書遺言とは
公正証書遺言とは 自筆証書遺言とは 危急時遺言とは
ご予約、お問い合わせは078-578-5970へ メールでの無料相談受付中!

      事務所情報

       ● HOME

       ● 事務所紹介

       ● 報酬一覧

       ● 出張相談

      リンク

       ● 兵庫県司法書士会

       ● 法テラス兵庫

       ● あべ司法書士事務所

       ● 勝田司法書士事務所

       ● 佐藤司法書士事務所

       ● あい司法書士法人

        ハウスデザイン

         ★神戸の不動産の

         ことならおまかせ!

業務案内

 ● 不動産登記

 ● 商業登記

 ● 相続

   ▶ 相続の流れ

   ▶ 相続人とは

   ▶ 遺産分割協議

   ▶ 不在者財産管理人

   ▶ 特別代理人

   ▶ 相続放棄

     ▸相続放棄のよくあるご質問

    限定承認

 ● 遺言

   ▶ 自筆証書遺言

   ▶ 公正証書遺言

   ▶ 秘密証書遺言

   ▶ 危急時遺言

   ▶ 遺言のよくあるご質問

                                     Copyright(C) あおば司法書士事務所 AllRightsReserved